2010年09月21日

袢纏とは「絆」を「纏う」仲間の証

猛暑だった今年。
夏の終わり、いえ本当は秋のはじまり(笑)のイベントば「牛嶋さん」。
牛嶋神社の氏子53町会による秋祭りです。
夏のイベントごとはこれでほぼ最後です。


例大祭ではないので、牛車などは出ませんが、町会前お神酒所を中心に、
昼間はお神輿巡行、演芸大会、縁日、夜には奉納踊りなどが行われ、
周辺一帯はお祭り一色。

私も仕事が落ち着き、今年から少しお手伝いさせてもらえることに。



金曜夜の演芸大会では、不肖さぬきうどんが、出演、歌を披露。
お年寄りも大勢見にこられるということで、誰でも知ってる曲を選択。

テニスはやったことないのでゴルフウエアです(笑)
雰囲気出すため小道具のラケットは会社の同僚から拝借いたしました。


カメラって予想以上に横広描写ですね!!!
実物はもう少し痩せていますーーー!!(いやマジで;)




土曜は縁日。
この日のために縁日委員会の皆さんが準備した食べ物、飲み物、ゲーム、
バザーなど、いろいろなお店がお神酒所前にずらりと並びます。
自前で用意したお店のため、どれも格安とあって、町内以外からも
大勢人が押し寄せ、この夜ばかりは本当にびっくりするくらい混雑します。

お小遣いを握りしめ、わたあめやクレープをほおばりながら、
片ぬき(懐かしい!)に興じる子供たち。無邪気で可愛いなあ。

私はビール担当。
400杯出したので、コックをひねる腕がイターイ!

041-thumbnail2.JPG



日曜は、ダーにひっついて、太鼓と子供神輿の巡行。

お祭りに参加する人たちは皆お揃いの袢纏を来ています。
自分の名前が染め抜かれているので、名札がわりにもなりますね。

もちろんダーも亡父から受け継いだ名前つき袢纏を着用。

054-thumbnail2.JPG

袢纏は俗にいう「法被(はっぴ)」とどこが違うの?と思い調べると、
袢纏とは、なかなか深イィ〜意味合いを持つものだと分かりました。

袢纏とは、読んで字のごとく「きずな」を「まとう」ものなのです。
この町に住んで、この町の為に汗を流せる「仲間」の証。

すなわち袢纏を着るということは、この町の住人として、
それなりの「義務」と「責任」を負うということにも。

大中御輿の担ぎ手はもちろん、現場に関係ない場所での交通整理をする方々、
子供神輿に付いて「がんばってー」と声援を送るお年寄り、
お弁当や飲み物を手配したり、参加者に配る景品を選んでひとつずつ袋詰め
してくれた人たち、また休憩の都度、冷たいものを振舞ってくださる方々。
青年部、子供会、婦人会の皆さま。。。
町全体でお祭りを盛り上げようと自分たちの役割をしっかり全うしています。

ほんとうに頭が下がりました。
私ももっと早く参加させてもらえればよかったなあ。
(とはいえ仕事で昨年まで無理だったのですが


人の世話を焼いたり、近所に起こった出来事を自分のことのように喜んだり。
時には厳しい意見をはっきりと言ってくれたり。

自分の幸せよりみんなの幸せ。
みんなの幸せが自分の幸せ。

あったかい下町感覚は、こういったお祭りを通して子供の頃からしっかり
培われるんだなあ、と今回はっきりわかりました。
私はてっきり住んでるだけでああなれると思ってましたから(汗)



さて。
明日からはいよいよお楽しみのサマホリ!
忙しかったこの夏を、思い切り「何もせずに」取り返す予定です。
posted by さぬきうどん at 17:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月08日

もうすぐバカンス☆

ローソンのプレミアムロール。


CA3A1458001.JPG


こぶたさんのブログで紹介されていて、早速ゲットしました。
周囲のスポンジにわが四国が誇るさつまいも、徳島の鳴門金時が。
クリームには栗が入っています。

実はノーマルのプレミアムロールは、オバサンには真ん中のクリームが多すぎて少し残すこともあるのですが、こちらは最後まで美味しく頂きました♪イモって偉大。


CA3A1460.JPG


いよいよ月末は楽しみにしていたバカンスです。

しかし、8月末の錦糸町河内音頭以降、9月に入ってからもかなりバタバタと忙しく、せっかく買った本も全然読めてません。
バカンスの直前には地元のお祭りが入っているし、何の用意もしないままバカンスに突入しそうな予感。

重いけど成田で搭乗前に必死こいて読むしかあるまい。


タイトルがインパクト満点のこちら。
ハンバーガー、パンケーキ、ローカルフード、メヒコ、などジャンル別にお薦めの店が掲載されています。
ワイキキから離れた店も結構載っています。
今回はレンタカー移動なので、楽しみです。
posted by さぬきうどん at 22:09| Comment(7) | TrackBack(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

パーソナルカラーを診てもらいました

会社の先輩の紹介で、パーソナルカラーを診てもらいました。

というのも、
常々自分が好きな色と似合う色がなんか違うような気がしているのです。
もしかしたら年を重ねたからかも知れません。
一度そのへんをプロに聞いてみたかったのでした。


今回お世話になったのは高橋利予先生。
服飾デザイナーで企業の制服デザインも手がけられています。
自分を引き立たせる色、スタイルをご存知なんでしょう、とっても素敵な女性です。


4カラーに分類される季節の色から、まず自分に似合うカラー群を見つけ、更にそのカラー群から自分に一番似合う色を探します。

私はピンクやオレンジ、黄色が好きで、自分に似合うと思っています。
なので「あなたにはピンクが似合わない」と言われたらショックだなぁ、と思っていました。
でも実際のパーソナルカラー診断は、色単体で似合う色はコレ、と決め付けるのではなく、ひとつの色でも春夏秋冬の色合いがあるので、あなたの持つパーソナルカラー(季節)に合わせた色合いにすれば更に魅力的になれますよ、という考え方。なのでホッとしました。
なるほどピンクひとつとっても、春夏秋冬で微妙に色合いが違うんですよね。


肌の色と黒目の色、指などギュッと押さえた時に表れる血色で調べます。
なので来訪時は眉毛書くくらいで基本お化粧禁止。
とはいえクレンジングも用意されているので、事情が許さない人も大丈夫のようです。


いよいよ診断開始。
白い前掛け、頭巾を被り、鏡の前に座るスッピンの私(怖っ)

春夏秋冬のドレープ4枚を胸元に乗せ、一枚ずつ剥がして、顔映りを診ていきます。
高橋先生は、基準色数色を乗せるだけで、すぐに相手がどの季節に該当するか分かるそうです。
私も一緒に鏡を見ていましたがたまに「あ、これは顔が明るく(暗く)見えるな」と分かるくらい。
さすが先生、すごいです!


結果。
私の季節は「春」でした。

Spring Color
野に咲く春の花の様な、明るく透明感のある色が似合う。

Spring Colorの芸能人
君島十和子さん、松田聖子さん、小泉今日子さん、松浦あやさん、宮崎あおいさん など。


季節が判明したところで、春の色全色ドレープを胸に乗せて、中でも特に似合う色を探します。
大好きなコーラルピンク、キャロットオレンジ、そして今まで全く興味が無かったティファニーブルーや萌黄色も似合う事が判明。
ワードローブで似合わないなあと感じたピンクは青みが入っていることも分かりました。
興味深い結果に大満足!


その後は、診断を基に、似合うメイク色、髪の毛の色、アクセサリーを分析。
高価だけど、私はシルバーより断然ゴールドだそうです。


カウセリング+カラードレープ診断+プチメイク(90分)9500円。
忘れっぽい私は3000円追加で画像の春カラードレープミニブックを購入。
特に似合う色にチェックを入れてもらいました。

お給料前でイタイ出費でしたが、、、。

診断した自分のパーソナルカラーは死ぬまで一生変わらないもの。
そう考えると決して高い買い物ではないと思いました。

おしゃべりしながらの楽しいひととき。
紹介してくれた先輩に感謝です!

CA3A1459.JPG
posted by さぬきうどん at 11:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。